フリーエリア

flash時計「スペード」
  • seo

カテゴリー

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

プロフィール
人気ブログランキング

こたろぉ

Author:こたろぉ
自由業。様々なニュースからの学びを心がけています。というようにマジメぶっているんですね(爆


最近の記事

今これが話題!

応援歓迎m(__)m

カウンター

RSSリンク

フリーエリア

RSSフィード

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

視聴率はバブルとともに消えていくのだ 

TBSのドラマが恐ろしく低視聴率だとか。
他局のプロデューサーが話してたけど、
トレンディドラマ全盛期は20代30代をターゲットにしてれば勝手に視聴率がとれたんだとか。
ようするにバブルで浮かれてた頃です(-_-;)
でも、ボクもそうだけど以前の主力の世代はあんまりドラマを(というかテレビ自体を)見ないんどろうねぇ。

それにしても「ドラマのTBS」は特に落ち込みがひどいんですねぇ。

10月~12月の新ドラマでは、
仲間由紀恵さんと泉ピン子さん、
長瀬智也さんと相武紗季さん、
明石家さんまさんと長澤まさみさんなどの強力なタッグで
話題性は確実にあったと思うのですが、
視聴率は全て一桁代だったとか。

TBSのドラマは伝統的に、
ホームドラマ的要素が強い傾向があるのですが、
今回は、豪華なキャスティングを生かしきれていない
脆弱な脚本だったと思います。

一言で言うと、古いんですね。

挑戦的な製作側の意図は全く感じられず、
キャストの名前任せの無難なストーリー。

次回が気にならないんです。

的を得た指摘があります。

「TBSの場合、社風、カルチャーが、
世間や社会の動きとずれているんじゃないですか。
亀田問題などで、視聴者の信用を落としたことが大きい。
試合の前に1時間も前の試合を流し、視聴者をイライラさせるなど、
考えられない演出が多いですね。
みのもんたといったパーソナリティーに依拠しすぎたことも、
視聴者をイヤにさせた原因でしょう」

(Yahooトピックス引用)

来クールのドラマも力を入れているみたいなんですが、
キャスティングで視聴者を引っ張れるのは、第一回目だけ。

二回目の視聴率が、ストーリーの面白さへの評価でしょう。


看板倒れ「ドラマのTBS」 視聴率低迷に社長「憂鬱だ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071219-00000001-jct-soci
スポンサーサイト


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yahoonewssamurai.blog95.fc2.com/tb.php/227-4444b768


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。